地域密着の不動産会社・フクシマ建設の物件や評判をリサーチ!

土地の場合

このページでは土地売却の流れと、不動産仲介会社選びのポイントを紹介します。

土地の売却方法と流れ

土地売却は、住宅物件の売却と同じように不動産会社に依頼するのが一般的です。もちろん自分で買い手を見つけることも可能です。しかし、手続きが煩雑であることや、トラブルが起きた場合の対処のことを考えると、専門家である不動産会社に依頼をするのが賢明です。

では、土地売却の流れを確認していきましょう。

1. 査定

まずは土地の価格査定を依頼します。もし土地に古い建物がある場合、建物の取り壊しと、建物と土地の売却のどちらがいいかを含めて相談し、査定を受けるとよいでしょう。

2. 不動産会社選び

査定の結果を受け、仲介契約を結ぶ不動産会社を選びます。不動産会社を選ぶ際に、査定額だけで決めるのは危険です。販売プランが現実的で、買い手が見つかりやすいかという点も含め、信頼できる会社を選びましょう。

3. 媒介契約

不動産会社が決まったら、媒介契約を結びます。

住宅と同様に、「専属専任媒介」、「専任媒介」、「一般媒介」の三種類の契約形態があります。ケースによって違いはありますが、一般的に不動産会社が販売に力をいれるのは専属専任媒介と専任媒介です。一般媒介の場合、販売活動をしても、ほかの不動産会社で売買契約を結ばれては報酬が得られないためです。

4. 販売活動

メディアへの広告掲載やポスティングなどで販売活動をしていきます。売却プランと同様に重要なのが、この販売活動です。

買い手を見つけるためのノウハウが蓄積されているという意味では、大手ハウスメーカーのフランチャイズ店などを選ぶと、効率的に販売活動が進むと思います。

5. 交渉

買い手が見つかれば、交渉に入ります。売却条件、時期、支払い方法などについて、双方の条件を突き合わせ、納得行くまで交渉をします。

6. 契約

無事に条件のすり合わせが済めば、契約となります。手付金を受け取り、抵当権の抹消や書類の準備などを進めます。

7. 引渡し

無事に準備が終われば引越しです。最後に残りの代金を受取り、登記を済ませれば手続き完了です。

誠実な不動産会社に頼もう

では、どのような不動産会社に土地売却を依頼するのがよいでしょうか。

業者イメージまず第一に、その地域での実績があることです。物件を宣伝して販売するにあたっては、そのエリアのことをよく理解していて、上手に土地の利点を伝えて買い手を見つけることが必要です。そのためには、広いエリアを浅く網羅している会社よりも、地域に密着し、そのエリアに特に強い会社を探すことが重要です。

そして、誠実な対応をしてくれることも重要です。会社によっては、不利な情報を出し惜しみしたり、売却プランの相談に丁寧に応じてくれない場合もあります。たとえ査定額が高くても、そのような会社は避けたほうがよいでしょう。