地域密着の不動産会社・フクシマ建設の物件や評判をリサーチ!
HOME >  失敗しない不動産売却方法とは >  マンションの場合

マンションの場合

このページでは、マンションの売却手順と、不動産会社選びのポイントをまとめてみました。

マンション売却までの流れ

マンションの売却も一戸建ての場合と同様に、不動産会社を通じて売却を進めていくことになります。まずは売却までのステップを確認してみましょう。

1. 査定

物件の査定を依頼します。実際に物件を見なくても、周辺環境や過去の売却データから、ある程度の簡易査定が可能です。複数の不動産会社に査定を依頼して、納得できる査定をする不動産会社を選ぶのも手の一つです。

2. 媒介契約

納得できる査定を出した不動産会社と媒介契約を結びます。

媒介契約には、複数業者と契約可能な「一般媒介契約」と、一社のみと契約する「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」があります。前者は幅広く販売活動をすることができ、早期売却の可能性が高まります。後者は不動産会社が報酬の能性を独占できるので、販売活動に力を入れてくれます。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、適切な契約形態を選びましょう。

3. 販売活動

媒介契約後、不動産会社は販売活動を開始します。インターネットや新聞折込広告、チラシなどの媒体を利用して、物件を宣伝します。

4. 交渉・契約

購入希望者が現れると、不動産会社を通して交渉に入ります。金額や時期など、お互いの希望する条件をすり合わせていき、合意に達すれば無事契約となります。

5. 引渡し

物件を引き渡す用意ができたら、代金を受け取って引渡しとなります。確定申告のほか、ローンの一括返済、抵当権の抹消など、その後もいくつかの手続きが必要です。複雑なことなので、不動産会社に相談して、確実に手続きを進めましょう。

売れるかどうかは不動産会社次第!

査定から売り出し金額の決定、宣伝や交渉など、マンション売却は不動産会社に左右されるところが多くあります。

不動産会社イメージ不動産会社を選ぶところまでは売り主の仕事ですが、媒介契約後は不動産会社が主に販売活動を行うことになります。不動産会社に売る気がなければ、いつまで経ってもマンションを売却することができません。ですから、売却成功のために売主ができることは、信頼に値する不動産会社をじっくりと選ぶことです。

物件の査定を複数業者に依頼して、誠意のある対応をしてくれる会社かどうかを見極めましょう。こちらの疑問にはっきりと答えなかったり、契約を急かすような会社はあまり信用できません。ずさんな対応をせず、丁寧な対応の取れる不動産会社を選ぶよう心がけましょう。