地域密着の不動産会社・フクシマ建設の物件や評判をリサーチ!
HOME >  失敗しない不動産売却方法とは >  一戸建ての場合

一戸建ての場合

このページでは、一戸建ての売却までの流れと、不動産会社選びのポイントをまとめてみました。

一戸建て売却の流れ

まずは、一戸建てを売却し、引渡しをするまでの流れを確認してみましょう。

1. 相談

不動産会社に、物件売却の相談をします。その売却法はさまざま。不動産会社にはインターネットで得られるよりも、はるかに豊富なノウハウが蓄積されています。

売却目的や時期に合わせて、適切なプランを提示してくれるので、まずは話を聞いてみましょう。

2. 簡易査定・現地査定

周辺環境や過去の売却事例などのデータをもとに、簡易的な査定額を算出してもらいます。大まかな金額がわかれば、住み替えなどの計画を立てやすくなります。

実際の売り出しの前には、不動産会社が物件を見て、室内や周辺環境などから正確な査定金額を算出します。

3. 媒介契約

現地査定の金額に納得がいけば、不動産会社と媒介契約を結びます。契約後、不動産会社は査定金額から売り出し金額を決定し、販売のための活動を始めます。

4. 販売活動

不動産会社は、インターネットでの宣伝や、折込広告、ポスティング、不動産情報誌への掲載など、さまざまな方法で宣伝し、販売活動を展開します。

5. 交渉

購入希望者が現れたら、売主と購入者の交渉に入ります。不動産会社を仲介しながら、お互いの条件を確認し、合意に至った場合は「不動産売買契約」を結びます。

6. 引渡し・確定申告

引渡しまでに、引越しはもちろん、公共料金の精算などを済ませておきます。ここで売却代金を受け取ることになりますが、その際に各種登記申請費用と仲介手数料の支払いが発生します。また、権利証などの書類が必要になります。

代金の受け取り後は確定申告が必要になります。不動産会社に相談し、詳しい手続き方法を確認しましょう。

不動産会社選びが重要

不動産の売却は、ほとんどの作業を不動産会社に託すことになります。

いかに適切な売却プランを立て、販売活動をするかによって、売却のスピードや売却金額が大きく変わってきます。そのためには、豊富な実績とノウハウのある不動産会社を選ぶことが大切です。

  • どんなニーズが存在するのか
  • どのような媒体を使って宣伝をするのがよいか

こうした販売活動を、地域の特性に適したかたちで遂行できる不動産会社を選ぶことが、ポイントになります。