地域密着の不動産会社・フクシマ建設の物件や評判をリサーチ!

注文住宅

このページでは、注文住宅を建てるまでの流れを解説しています。

注文住宅購入のプロセスをチェック

家を購入することは、一生のうちでもっとも大きな買い物の一つです。長い時間を過ごす場所ですから、すみからすみまで自分の思い通りにしたいものですね。注文住宅は、そんな夢を叶えるためにあります。ここでは、注文住宅を発注して、実際に建てるまでの流れを解説していきます。

1. 構想と情報収集

建てたい家、住みたい家をイメージしてみましょう。自分や家族が毎日を快適に過ごすためには、どんな家がいいでしょうか?

そして、イメージを具体的にするためには情報収集が必要です。自分のイメージに近い注文住宅の施工例を集めてみたり、設計や施工をお願いする業者の情報収集をして、実現への計画を立てていきます。資金についてもご家族としっかり相談をしておくことが大切です。

土地をお持ちでない場合は、土地購入についても情報収集をしておきましょう。

2 . 設計・施工業者の選定

次に、家の設計と施工を依頼する業者を選びます。

設計の依頼先には、主に設計事務所、ハウスメーカー、そして工務店の3つの選択肢があります。ハウスメーカーや工務店に設計を依頼した場合は、同じ業者と工事請合契約をすることになります。建築家に依頼した場合は、別途施工業者を探して工事請合契約を結びます。

着工の前に、専門家による検査を受けておくとより安心です。

3. 着工~引渡し

地盤の調査、基礎工事などを経て、着工します。工事完了後は各種保険証やカギなどを受け取り、設備の説明を受けて、引渡しとなります。

依頼先の探し方

設計や工事を依頼する業者には、以下の種類があります。

ハウスメーカー

注文住宅の設計や工事を依頼する業者には、その地域のことをよく知っている、地元密着型のハウスメーカーをオススメします。

土地のことをよく知っていれば、その地域の風土や交通事情に合わせた提案を受けることができますし、大手なら建材やデザインの選択肢も大きく広がり ます。施工、デザイン、営業など各部門にプロフェッショナルな専門家がいることもあり、もっとも安心して依頼できる選択肢だと思います。

さらに大手ハウスメーカーのフランチャイズに加盟している業者であれば、「地域のことをよく知っている」「大手ならではのノウハウと選択肢」という2つの大きなメリットを得ることができます。

工務店

個人で経営されている工務店に依頼する場合のメリットは、小回りが利くことです。柔軟な対応が可能になるので、いろいろとワガママを言いやすいかもしれません。

一方で、工務店のこだわりやカラーが強くなってしまったり、必ずしもノウハウが豊富ではない、といったデメリットもあります。

設計事務所

設計事務所は建築デザインを専門としているので、思い通りの家をつくりやすいというメリットがあります。

ただ、設計と施工が別業者になるので、5〜10%ほどコストが高くついてしまいます。また、別業者による施工は手抜き工事のリスクがある面も見逃せません。