地域密着の不動産会社・フクシマ建設の物件や評判をリサーチ!
HOME >  マイホーム購入の流れをリサーチ >  新築/中古住宅一戸建て

新築/中古住宅一戸建て

このページでは、分譲・中古(仲介)の一戸建て住宅を購入し、入居するまでの流れを解説します。

一戸建て購入~入居までの流れ

一戸建て住宅を買うと決心したら、まずは購入・入居までの流れを確認しておきましょう。一連の流れを理解しておくと、入居までの計画も立てやすくなり、物事がスムーズに進みます。

不動産物件には、分譲と仲介の二種類の形式があります。まずは、両者の違いを確認しましょう。

  • 分譲物件…住宅物件を建てた不動産会社から、直接購入する物件のことを分譲物件と呼びます。販売戸数の多い新築一戸建てはこちらに分類されます
  • 仲介物件…不動産会社を仲介して、売主から購入する物件を仲介物件といいます。販売戸数の少ない一戸建てや、中古の物件もこちらに含まれます

それでは、それぞれ購入から入居までの流れを確認してみましょう。

分譲一戸建ての場合

  1. 条件を決める一戸建てイメージ画像まずは、エリア、間取りや広さ、周辺環境、入居時期といった条件を整理しておきます。ここで条件をはっきりさせておくと、物件を探しやすくなります。
  2. 予算…希望するエリアの物件相場などを見ながら、予算の目安を立てます。頭金や借入可能額などを参照しながら、物件購入のおおまかな予算額を決めていきましょう。
  3. 探す…予算が立ったら、実際に物件を探します。インターネットや広告、不動産会社の紹介といったルートを使って、幅広く物件をリサーチします。専門的な知識のある、不動産会社に相談をするのが個人的には一番のオススメです。
  4. 見学…希望にマッチする物件があれば、見学に行きます。間取りや設備が思い通りか、周辺環境に問題はないか、といったポイントに気をつけてみましょう。
  5. 資金計画分譲イメージ物件探しや見学と並行して、資金計画を具体化しておくことが大事です。ローンの返済額や金利、物件購入以外の諸経費などを見積もっておきましょう。
  6. 申し込み・説明…気に入った物件が見つかったら、購入申込をして、不動産会社の宅地建物取引主任者に重要事項の説明をしてもらいます。
  7. 売買契約…重要事項の説明を受け、納得したら、売買契約を結びます。このとき、手付金として購入金額の10〜20%を支払います。
  8. ローン…売買契約の後、住宅ローンを組みます。
  9. 引渡し…物件の完成後、残りの代金を払い、引渡しとなります。不動産会社の登記手続きが住めば、引越しが可能になります。

仲介物件の場合

  1. 条件・予算を決める…分譲同様、希望する条件や予算をできるだけ具体的にイメージしておきましょう。
  2. 不動産会社を決める家の列仲介物件の場合は、特に不動産会社選びが大切です。すべてのやりとりは不動産会社を通して行うので、信頼できる会社を選びましょう。
  3. 物件を探す…分譲同様、物件を探していきます。中古物件の場合、設備の経年劣化などのリスクがあります。安心して物件を選ぶために不動産会社などの専門家の紹介を受けるのも有効な手段です。
  4. 仲介依頼…分譲住宅の購入と異なるのはこの点。仲介サービスの内容や手数料などを確認した上で、仲介依頼をします。
  5. 資金計画~申し込み・重要事項の説明〜契約・ローン…分譲住宅と同様に、具体的な資金計画を立てた上で申し込み手続きをし、物件の重要事項説明を受けます。説明に納得がいったら、売主と契約を結びます。ここで購入金額の10〜20%を手付金として支払います。
  6.  ローン…契約が成立したら、ローン契約を結びます。
  7. 引渡し…準備ができ次第、売主に残金を支払い、登記手続きを済ませて、引渡しとなります。

信頼できる不動産仲介会社を選ぼう

ここまで、分譲・中古住宅の購入の流れを紹介してきました。

一連のプロセスを見ていくと、不動産会社の役割が大きいことにお気づきでしょうか?

物件探しに始まり、見学時の物件説明や契約前の重要事項の説明、売主との間の仲介など、アフターサービスも含めて、不動産会社が住宅購入のカギを握ると言っても過言ではありません。マイホーム購入の際には、信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。

入居後のトラブルを避けるためにも、その地域に信頼が根づいているような、地域密着型の不動産仲介会社を選ぶことをオススメしたいと思います。